社会福祉法人 大阪障害者自立支援協会

利用者の声

koe
 
就労移行支援サービス | 就労継続支援B型サービス | 生活介護サービス | 施設入所支援サービス

就労移行支援サービス利用者の声

IMG_11046 私がファインプラザの喫茶部門、「ウエルファー」に配属して、1年が経ちます。以前は、オフセット印刷科で作業しておりましたが、支援員の方々に勧められ、又、自分自身も、「社会貢献がしたい」と思い、引き受けました。
 最初は、不慣れな点が多く、接客をする時点で止まってしまい、戸惑ってしまう事がありました。でも、支援員のアドバイスや協力があり、助かっています。オープンするまでの道のりは、私と支援員一人で営業していましたが、もう一人支援員が増えて三人となり、そして二ヶ月後には交代制ですが二人の入所生の方と、通所生の方が来て下さり、陰ながら応援して下さる事になりました。二人の支援員と二人のワークセンター利用者、力不足の私が微力ながら何とか出来ると思えば幸いです。障がい者の皆様、お客様が満足出来るような「社会貢献」を考えていきたいと、私達は思っております。
 「ウエルファー」の語源は「福祉」から引用したとお聞きしました。その「福祉」の要素を取り入れ、参考、勉強して行きたいと思います。喫茶、飲食もお待ちしておりますので、ぜひ、お越し頂けたらと思います。

就労継続支援B型サービス利用者の声

IMG_02633 私は大阪ワークセンターを長年利用させていただいていますが、男女問わず年齢層も幅広く、色々な世代の声も聞け、アットホームな雰囲気で毎日過しています。比較的駅からも近く、送迎サービスも利用できるのでアクセスしやすいと思われます。
 作業内容は、手書き原稿やデジタルデータをDTPソフトで編集したり、名刺、チラシ、冊子等を製作しています。作業以外にも季節ごとの行事や一泊旅行などもあり、日頃の作業の疲れをリフレッシュでき、利用者間の親睦を深める場となっています。
 これからも、よりよい物づくりが出来る様、努力し作業に取り組んでゆきたいと思います。

生活介護サービス利用者の声

IMG_1082 現在、生活介護は、20代から60代の5人の方が利用されています。私たちは、日々パソコンを使って動画を見たり、色んな検索をして知識を深めたり、また、さをり織りや、クラフトテープでの籠編みといった創作活動に取り組んだりと、自分に合った楽しみを見つけて余暇を過ごすことができます。
 さをりとクラフトは、商品化してファインプラザなどで販売し、その売上げの一部が私たち利用者の工賃となります。また希望すれば簡単な内職をすることもでき、リハビリ効果もあって一石二鳥です。
 大阪ワークセンターは、落ち着いた雰囲気の中で支援員の協力を得ながら、充実した時間を過ごすことができます。

施設入所支援サービス利用者の声

空 私は、夜間は施設入所支援サービスを、昼間は就労継続支援B型サービスのコンピューター速記科を利用しており、同じ利用者と一緒に4年前にバンドチームを結成したことで充実した日々を送っています。
 主に、施設内でのイベント(レクレーション・クリスマス会)で活動していますが、近年では、2014年1月に和泉市社会福祉協議会で行われた「新春音楽祭」で演奏しました。また、国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)で行われた、「障がい者芸術・文化フェスタ2012・障がい者芸術・文化コンテスト2012」にも出場した経験があります。この出場をきっかけとして、バンド名を‘辛いことや苦しいことがあっても空を見て晴れやかに’という意味を込めて「空(そら)」と命名しました。
 私達はバンド活動を通して様々なイベントに参加し、地域の人々と触れ合う中で自分の居場所を見つけられたような気がしました。余暇の時間が多く確保されている施設入所だからこそ、このような素晴らしい体験ができ、本当の自分自身と向き合うことができたと思っています。

ご相談ダイヤル TEL 0725-57-0883 受付時間 9:00-17:45(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 大阪ワークセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.