一般就労を目指すためには、施設内の作業だけができればいいというものではなく、一般企業がどのような人材を求めているかや面接のポイント等について大阪ワークセンター以外の人からご指導いただくことがとても重要です。
 そこで、平成30年1月18日(木曜日)は、和泉市コミュニティセンターで行われました就活セミナーin泉州北に参加してきました。参加者は、当施設で就労移行支援サービスを受けているご利用者様です。

GE DIGITAL CAMERAGE DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

【①ウエルシアオアシス株式会社】
 ウエルシア様では、障がい者雇用率が2.58%と非常に高く、また入社3年後には社員登録も可能とのこと。ここではパート・アルバイトと社員の給料の格差をあえて設けることで、働く意欲を高めているのだそうです。

【②株式会社アソウ・ヒューマニーセンター】
 アソウ様では、面接対策としてのご説明をいただきました。面接に対する心構えや身だしなみチェック、採用される人とは等、障がい者雇用の場面だけではなく、一般的な雇用場面でも大変役立つ情報を提供していただきました。

【③株式会社ハートコープいずみ】
 ハートコープいずみ様では、とてもわかりやすいパワーポイント資料を用いて求める人材のご説明をいただきました。また、実際にハートコープいずみ様で就労されている障がいをお持ちの方の現場の声も聴けて大変役に立ちました。

【④和泉市消費生活センター】
 和泉市消費生活センターでは、スマホに突然不当請求のメールが届いた場合の対処法やリボ払い専用クレジットカードを持つときの注意点など、いつ自分の身に降りかかるか分からない問題をとても分かりやすくご説明いただきました。