一般就労を目指すためには、施設内の作業だけができればいいというものではなく、一般企業がどのような人材を求めているかや履歴書に貼る写真等について大阪ワークセンター以外の人からご指導いただくことがとても重要です。
 そこで、令和元年9月20日(金曜日)は、和泉市コミュニティセンターで行われました就活セミナーin泉州北に参加してきました。参加者は、当施設で就労移行支援サービスを受けているご利用者様です。

GE DIGITAL CAMERAGE DIGITAL CAMERAGE DIGITAL CAMERAGE DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【①履歴書の写真も大切~プロカメラマンによる写真撮影会~】
 履歴書は人事担当者が最初に面接者の情報を受け取る重要な情報です。採用されるかどうか8割方履歴書で決定されると言っても過言ではありません。しかも、写真の写り具合でもその確率が大きく左右されます。プロカメラマンによる撮影と証明写真とでは印象がかなり変わることがよくわかりました。

【②カウンセラーが分析~自分を知ろう!!~】
 ここでは全く知らない者同士がグループになって、1枚の大きい画用紙に雑誌の切り抜きを好きなだけ貼ってコラージュを作成するというものでした。1番最初に貼り付けた人、場所を選んで貼り付けた人、他の人が貼った上に貼り付けた人など、実際の会議では1番先に意見を言ったり、わきまえたり、自分の意見を主張してくるといったことが心理分析で明かされました。

【③シャープ特選工業株式会社(特例子会社)製造業】
 シャープ特選工業株式会社様では、とてもわかりやすいパワーポイント資料を用いて求める人材のご説明をいただきました。また、実際にシャープ特選工業株式会社様で就労されている障がいをお持ちの方の現場の声も聴けて大変役に立ちました。

【④山下敷物株式会社】
 山下敷物株式会社様では、立ち仕事でリネンの清掃や検品をテクノステージで行いますが、洗浄した水を再利用するためにリサイクルをしておりエコに配慮した事業を行っているとのことでした。

【⑤自分の履歴書をみてもらおう~ハローワークによる履歴書チェック・求人情報】
 履歴書作成の中でも「自己PR」「配慮事項」については何を書いていいか分からないものです。ここでは、就職活動アドバイザーのハローワークの職員からやさしく、丁寧に書き方を教えていただきました。